私たち自身のチームが再建ダイブボートオルカ


月に忙しい最初の2週間後に我々は我々のフラッグシップを取っ “オルカ” やろうと水の “いくつかの” mainatainance作業 – そう我々は考えた. ときに我々は、床の一部を脱いだ, 我々は見た, そのために荒い海域で多くの時間を働いた後 5 年, 構造の多くが破損し、壊れても、我々は以上の位置コイバために私達のダイビング旅行で遭遇する条件のために十分または十分に強い構造がなかったことをされています 50 離れてサンタカタリナからキロ.

我々の乗組員 – サンタカタリナ地元の長期スキューバコイバチーム, オーランド, 男らしい, Casimiroとアルマンド – ボート修理で長年にわたって経験を集めて、彼らは結果と必ずしも満足していない “アウトソーシング” 修理やremodellings.

外部の力学によってモーターの修理の結果に失望された後, 我々は成功し、今年自分自身を私たち自身のモーターを修理し始めている. だから我々は我々自身のボートを修復し、再構築することも決めた.

後に 33 営業日とUSDに近い 2,000 材料において私たちは誇らしげに新しいを提示, より強く、より速く “オルカ”. ビッグチームにありがとう, 素晴らしい仕事!

タグ: , , ,

コメント & レスポンス

応答を残しなさい

あなたのメールアドレスは公開されません. 必須フィールドは、マークされている *